成功したい人が瞑想するべき理由「許し」

公開日 2021年7月5日 最終更新日 2021年9月26日

何かがうまく行かない人の意識の中には、 「自分が許されるわけがない!」「許せない!」と泣いている人が住んでいる。成功するためには、許して自由になり、つながりを取り戻していく必要がある。

 許すことと成功

何かの分野で成功したいとき、祈り願い、行動する。それでも成功できないとき、自分の成功を阻むなにか=自分が許せない何かを自分が持っているとみるべきだ。

許すことは人類の課題?

戦うイメージ

許す行為は、私達にとって難しいことになっている。未だに世界中のどこかで争いごとが起きているのが現状だ。「与えてくれるから、愛してくれるから許してあげる」ことはできるのに、その逆なら許せないことが多くないだろうか。自分や国が不利益を被ると想定した途端、許せなくなるのだ。目先の利益に惑わされて、大きな褒美を貰いそこねる、の巻だ。

許すことは損すること?

責める?許す?

「私は悪くないから許せない」

「私は悪いことしたから許してもらえない」

といいつつ、許すと損をすると思っている。

許せないことが目の前に現れたら、成功に向けてちゃんと動き始めているということだ。

「祈りはちゃんと届いている。よし。ここはぐっとこらえて、自分が一歩下がって、まずは拒んでいる自分を許してあげよう」

あなたにはそれができる。そうしたら、仕方ないから許したろうか、と思えてくるものだ。損なんかさせない。やってみたらわかる。徐々に周囲が変わり始めるからだ。気分が変わると、まわりが変わっていくのだ。

許さないことが生み出す損害

「だって、許せないもん!」を続けると、この人格は調子に乗り始める。小さな問題を起こし始めるのだ。

  • 人を馬鹿にし始める
  • 病気になる
  • 拒食症や過食症、肥満になる
  • 恋人運がない
  • 素直になれない
  • 孤独

などなど。許すことで、その人格から人生の主権を取り戻すことになる。「私の人生私のものだ、あなたには渡さないわ」だ。

マインドフルネス/瞑想は大切

瞑想

このいじけた人格は、日常は隠れていて気が付きにくい。表面意識では、「私には許せないことなんてない」と思っている。

瞑想でこの人格を引き出す。誰もがやり始めると、子どもの頃や、昔の「許し忘れ」を思い出して嫌な気分になる。

それが、やっぱり怖いんだ。

その人格が自分の中にいることを認めて引き出したら、どうにかなっちゃうかもしれない〜、と怖れで向き合うことができなかったりする。

忘れてはならない。肉体を終えたら意識のみになることを。今ここで向き合わなければ、「また今度ね!」と悲しい先送りにしてしまうことを。

 結論:自分をもっとアゲていい

よくできていると思うのは、

自分のネガティブな部分に、強情に素直に向き合えない人ほど、大志を持っている

世のため人のために生きる、意志と覚悟を持っている、素晴らしい人だ。

ということだ。

責任を引き受けることができる人ほど、失敗や間違いは大きなものとなり、自分を責めやすくなる。

彼と幸せになりたい、

ヒーラーになりたい、

小説家になりたい、

女優になりたい、

芸人になりたい‥

それは必ず叶えられるその価値が私たちには溢れるほどある

けれど、それを叶える前に、これを許しましょう、この人を許しましょう、と言われていることが多くあって、それを避けていると、成功はしていかない。

自分が幸せになることが許されないと思っている、その幻想をもうやめよう。

もう最高に幸せになっていいんだよ、と神様はいつもいつもあなたの内側で、あなたに話しかけている。

成功したことを悦ぼう。

その悦びと感謝とエクスタシーとで、疑いと痛みをあきらめずに消していこう

そして、ブレイクスルーは必ずやってくるのだ。

私たちに叶えられないことは一つもないから。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。