風の時代の水難と地球愛を

公開日 2021年7月23日 最終更新日 2021年9月21日

先日、熱海の土砂災害の報道がされて驚いたものだが、実は、世界では今年の春先から、水の難が続いている。

春、中東で大雨により川が氾濫した。

先日は中国で。

今、トルコの黒海地方でも。

忙しなくなってきた。

水は、洗い流す。

氣枯れを、

滞りを、なくすものだ。

物理的な事象は、それが天候であっても、人の想念が創り出せるものである。

どのような事象が現れてこようとも、丹田に居続けることから離れてはならない。

被害という文字は、本来一体であるべき生命エネルギーから分離してしまった人間が創り上げた言葉である、ということも、忘れてはならない。

見えない何かが、誰かを不幸にしたり、

運命が、人を巻き込んだり、

アンラッキーが襲い掛かったり、

地球の威力によって被害にあったり、

まして、神が人間に罰を与える、

ということは、皆無である。

大雨・台風でも、

地震・津波でも、

火事・火災でも、

事故・犯罪でも、

すべては、自分の人生自分で自由に創っているという、宇宙の絶対的ルールから外れることはないのだ。

私たちは、いつだって自由自在であることを許された存在だ。

自由自在ではないのは、自分の意識のほうであり、

自分の意識を自由自在でなくしているのは、自分に起因しているのである。

しかし。

今回の緊急事態宣言のように、集合無意識的な恐れで創り上げてしまう現実もある。

この場合、必ずしも自分だけの要因ではない。

嫌なら、そこから離れるしかない。

ハワイなり、イギリスなり、に飛んでいくしかないのだ。

 

いつも思う。

青と緑の地球はいつも美しい。

私たちの想像を絶する愛でもって、私たちを生かしている。

人間一人ひとりの想いやエネルギーが、地球に対して深く影響を与えていることを慮ることを、一瞬たりとも忘れてはならないものだ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。