【基本編】ハワイ島の特別な場所・プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園

公開日 2019年10月31日 最終更新日 2021年10月1日

ヒーリングアイランド・ハワイ州を旅すると考えるだけで、心がきれいになっていく感覚になる。オアフは乗り継ぎだけで、すぐにハワイ島かカウアイ島に飛ぶ。もはやこれは旅ではなく、ハワイの神々に許可をいただいて溶け込みにいく感じだ。世界でも、日本とハワイだけが持つ特別な氣が流れているのだ。ハワイ島で、まずはじめに行くのが、ここ、プウホヌア・オ・ホナウナウ(Pu’uhonua o Hōnaunau)だ。ここは、人類にとって、最大の恩恵であり難関である「赦し」の愛の氣を受け取れる場所だ。心に残る、何かと戦う気持ちを溶かしてくれる、そんな氣がここにはある。

プウホヌア・オ・ホナウナウ(Pu`uhonua O Hōnaunau)とは?

許しを求めて逃げ込んだ場所

「ホナウナウの逃れの場」という意味を持つこのプウホヌアは、古代ハワイ人が身の安全のため、あるいはカプ (戒律) に背いた場合に許しを求めて逃げ込んだ場所でした。コナ南部に位置するホナウナウは、もともとコナの酋長が住んでいた場所であり、カメハメハ王朝の拠点でした。ハイウェイ 11 号線に、公園への出口のサインがあります。

ハワイアン航空HPより引用)

プウホヌアとは「避難場所」や「地球の丘」を意味するといわれている。王族であっても侵すことのできない神聖な領域に、寺院・神殿のような施設が建てられていた場所だ。ここはどのような人でも罪が赦され、罰せられることがない場所だった。

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

ハワイ島は、ただ行くだけでも、火と水の強力な氣が受け取れる場所だが、ここプウホヌアは特に、無条件の愛と赦しの愛があふれ出る所。古代からこの地には、多くの祈りと感謝が捧げられてきた。古代から祈りや感謝が捧げられ、そのパワーは年を増す毎に集約され、拡大する。それによって、多くのご利益を受け取れる場所となるのだ。

厳しかった戒律

Ki’i(キィ)/プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

ハワイの王族や首長(ali’i:アリィ)は、神の子孫とされる。神から受け継いだマナ(mana:精神・神の力)をもって、この地に神の意志を示してきたのだ。神聖なる王族を守護するため、厳しい戒律(kapu:カプ)が設けられていた。戒律を破った者たちは厳しく罰せられ、些細なことでも罪を問われて処刑されていた。

Ki’i(キィ)/プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

聖職者(kahna:カフナ)と王族・首長(ali’i:アリィ)は、Ki’i(キィ)とよばれる木製の彫像を造らせた。「神が民を守っている」と伝えたわけだが、実際、人々に戒律を守らねば罰せられる、と伝えるものであった。

強力な聖域と愛と赦しのパワー

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

王族や首長から睨まれた人や、罪や罰を背負ってしまった人々は罰せられる。だが、救いはあった。ハワイ島各地に設けられたプウホヌアに逃げ込むことができたのだ。どのような罪人であれ、赦されるための聖域。それがが、ここプウホヌアだ。たとえ王族であろうと首長であろうと、プウホヌアを侵すことはできなかった。一番強力な聖域であった。

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

プウホヌアに入った後、聖職者による儀式を受け、赦される。プウホヌア・オ・ホナウナウの他にも、ハワイ島各地にプウホヌアはあったわけだが、現在残されているのは、ここのみ。貴重な場所である。

実際に訪ねてみよう

プウホヌアはどこ?

ハワイ島の地図

プウホヌア・オ・ホナウナウがあるのは、ハワイ島の西側。コナ空港の南に位置している。この辺りには、ひときわ美しい海をもつホナウナウ湾と、溶岩の海岸があるので、ドライブしていても気持ちがいい。

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

ハワイ島には、カロコ・ホノコハウ国立歴史公園と、キラウェエア・マウナロア両火山を抱えるハワイ・ヴォルケーノ国立公園、そしてここプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園、3つの国立公園がある。

まずはビジターセンターへ

ビジターセンターでまずは、無料のパンフレットを入手しよう。当時の様子や歴史について、レンジャーから直接聞くことができるオリエンテーションは、毎日3回開催されている。水曜日と週末には、古のハワイアンスタイルに触れることができるイベントも開催。
営業時間は、毎日朝8:30~16:30までです。訪問前にWEBサイトで時間の確認をしよう。

アメリカ連邦国立公園局ホームページ

www.nps.gov

公園内を散策しよう

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

公園内には、溶岩で固められた海岸と、石垣があるのだが、この石垣は1500年ごろのものとされ、長さ300mほどある。

プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

これらは再建されたもので、少し真新しさが残るものの、当時の暮らしぶりや雰囲気は、十分学ぶことができる。上の写真は神殿の復元されたもの。この神殿を含むプウホヌアの聖域は、石垣の外側、溶岩が埋まっているあたりにあったのだとか。敷地内には、23人の首長の墓とキィ(木の彫像)もあった。

コナネ/プウホヌア・オ・ホナウナウ/ハワイ

ハワイが発祥とされるゲームコナネも。

ホヌ

公演の営業時間は、朝7:00~日没まで。夕日が美しいスポットとしても知られているので、夕刻に行くのもいい。ウミガメに出会えるかもしれない。ハワイ島に行くなら、赦しの氣を感じてみたい。

マウナケア山山頂でさらにパワー増量

マウナケア山山頂/ハワイ

ハワイ島と言えば、マウナケア山。ハワイのパワーを生み出している神の山だ。山頂には天体観測所がある。標高2800mにあるオニヅカビジターセンターからの星空が美しい。ハワイ島の星空はいい。星一つ一つが、話しかけてくる感じがするのだ。手を伸ばしたくなる。帰りたくなる。そんな気がするのだ。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

訪問の際は、必ずハワイ州観光局のWEBサイトで最新情報をGET!

www.gohawaii.jp

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。