レイキ・ヒーリングとアチューメントについて

臼井式レイキ・ヒーリングのアチューメントを受けたのは、かれこれ10年以上前になる。仙台にいる時、東日本大震災の2年前に遠隔で受けたのが始まりだ。伝授なるものを受けるだけで、本当にヒーリングが出来るようになるの?という半信半疑な状態であったが、アチューメントを受けている段階から、それが本当であることがわかったのだ。

臼井先生とレイキ

f:id:takouatsumi:20210723115311j:plain
鞍馬山

簡単に説明すると、臼井先生が、鞍馬山で21日間にわたって修行をされ、ちょうど21日目に、雷光を受けられたそう。いただいたエネルギーを使って人の痛みを癒すことができると氣がつかれたのが、レイキ・ヒーリングの始まりだ。

f:id:takouatsumi:20210723115341j:plain
貴船神社

鞍馬山は、貴船と対峙している聖域だ。貴船・鞍馬の精霊たちが臼井先生に力を貸されたのであろう、と思われる。いずれにしても、そのヒーリング・エネルギーは、ちょうどその後に起こる関東大震災のとき、いかに人を癒すことができるかを証明することとなった。

霊授/伝授/アチューメント

f:id:takouatsumi:20210723115415j:plain

レイキ・ヒーリングは、元々日本で生まれたものなのだが、ハワイから世界に広まることとなり、いまや世界で一番有名なヒーリング手法であり、且つ、誰もが手をかざすだけで簡単にできるヒーリング手法として人気だ。おそらく、日本よりも海外のほうが「レイキ」という言葉が浸透しているようだ。海外から逆輸入されたのが、西洋式レイキである。

f:id:takouatsumi:20210723115518j:plain

これほどまでに広まったのは、アチューメントとよばれる回路開きを、対面または遠隔で受けることで、すぐにその日から誰でもヒーラーになれるからだ。それにはもちろん、実証が伴うが、受ける方が、「あたたかい」ハートフルな感じがしたり、「痛くなくなる」のだから、これはすごいぞ!となるのだ。

アチューメントは西洋式の言い方であり、臼井先生からお弟子さんを通して日本国内で大切に受け継がれてきたルートでは、霊授または伝授とよばれている。

f:id:takouatsumi:20210723112957p:plain
チャクラ

何をしているのか、といえば、チャクラに該当する部分をレイキで癒し、チャクラの滞りを開いていく作業をしている。これがいわゆる、回路開きであり、アチューメントであり、霊授・伝授だ。

一度アチューメントを受ければ、一生涯消えることはない。ただし、感覚が鈍ることはあるので、できれば続けて使った方がいい。続ければ、さらに自分自身の感覚が磨かれ、癒され、霊的感受性もパワーアップしていく。

アチューメントの3段階について

f:id:takouatsumi:20210723115654j:plain

アチューメントには、3つの段階がある。

  • ・ファースト・ディグリー
  • ・セカンド・ディグリー
  • ・サード・ディグリー

・このうち、ファーストでは一番重要な回路開きをする。これだけでも、頭痛がなくなった、元気になった、という方もいた。
※個人差があります。

セカンドでは、ヒーリング力をさらにパワーアップさせるための「シンボル」を伝授する。

サードでは、最高位のシンボルを伝授する。

実際、サードで受け取るシンボルを頻繁に使うため、サードまで受けることが望ましい

ファーストのみ受けた方は、「レイキ・ヒーラー」となり、

サードまで受けた方は、「レイキ・マスター」とよばれる。

いずれも、西洋式の言い方と思われる。

レイキ・エネルギーについて

f:id:takouatsumi:20210723115804j:plain

世の中には、たくさんのエネルギー・ヒーリングが存在しているが、そのいずれもが、生命エネルギーの一つの側面である。レイキのエネルギーは、いわば地球と大地と森林からの恵みであり、精霊たちが与えてくれた生命エネルギーだろう。

私が行っているもう一つの神社・神域エネルギーのヒーリングは、神域にひびく生命エネルギーを受け取って、ヒーリングしている。

いずれの場合でも、人が持っているエネルギーの周波数を整えていくような周波数のエネルギーであることは間違いない。決して、私個人が創り出したものではない。ましてや、私の魂やスピリットを削って誰かに与えているものでもないので、安心してほしいヒーリングとは、ただ管となって、流れる生命エネルギーをそのまま相手に渡すことであり、ヒーラーが純粋無垢であればあるほど、エネルギーも純粋となる

aoのレイキ・アチューメント

f:id:takouatsumi:20210723115750j:plain

私がやっていることは、前述のとおり、ただ純粋に余計なものは何もいれず、ただ管となって、アチューメントの既定の回路開きを行っている。やっている段階で、さまざまなものを見聞きしたり、感じたりするので、その内容を、アチューメント終了後にメール等でお話しております。

こういうことを書くとお叱りを受けるかもしれないが、天の扉が開き、光が降りてきて、それをそのまま皆さんへお渡しする作業を、ファースト・ディグリーの伝授の最後の方で行うことがある。私が意図してやっているわけではなく、なぜか毎回そうなるのだ。その時、何をお渡ししたかについては、個別にメッセージでやり取りをさせていただいている。

お申込&ご注意点

f:id:takouatsumi:20210718154241j:plain
サロン・オー

ヒーリング・スペースaoでは、西洋式の遠隔アチューメントを行っている。私の場合、西洋式アチューメントを、仙台のティーチャーから遠隔で受けた後、直伝式霊気を教えている東京のセミナーにて、日本で受け継がれてきた精神を学んだ。

スピリチュアルカウンセラーという職業上、エネルギーは対面だろうが遠隔だろうが全く変わりがないことは、常識だと思っていることと、COVID-19パンデミックの影響により、遠隔のみとさせていただいている。

また、直伝式霊気で教えていただいたことを、テキストでお伝えしている。

f:id:takouatsumi:20210723113155p:plain
ディプロマ例

レイキ・セッション提供前に、3名の方にアチューメントを受けていただき、そのいずれもがレイキ・マスターとして活動できるレベルのエネルギーを出していることを確認している。万が一、「全然癒されないじゃないの!」という方には返金をするが、疑う意識のまま受けると疑うべき現実を創造するので、「レイキ・ヒーラーとして、この世界に貢献してみようかしら」と決めてからお申込ください☆

20210630082631

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。